それぞれのピーリングの注意点

医療機関で行うケミカルピーリングの特徴

ケミカルピーリングは皮膚に酸性の薬品類を塗り、古い角質や汚れなどを溶かし、新しい皮膚の再生を促す治療です。美容目的や自宅で行うホームピーリングは、弱い成分を利用するため、医療機関で行うケミカルピーリングよりも効果が低くなります。医療機関では、クエン酸や乳酸、グリコール酸といった成分を利用しますが、皮膚の専門家である医師が、ケミカルピーリングを受ける患者さんのお肌を確認し、その時の状態にあった成分や薬品の強さで施術してくれるので安心感があります。

ケミカルピーリングは、治療を目的としたケミカルピーリングはニキビや色素沈着などの肌トラブルに対して行う治療です。薬剤を利用し肌の古い角質などを除去するため、肌が弱い方は炎症など起こるリスクもあります。しかし医療機関で行う場合、肌の調子を確認し肌に合ったものを利用するためトラブルとなりにくく、万が一、肌トラブルがあっても医師がいる施設なので安心です。

自宅で気軽にできるホームピーリングの特徴

ホームピーリングは自宅にいながらピーリングケアできるので、自分が好きな時間で気軽にできるのが特徴です。最近は販売されている商品も多くなり、ネットでもドラッグストアでも手に入るため、より気軽になりました。ただし、サロンやクリニックなど、皮膚のことを知り尽くしているところで行うわけではないので、よく注意して利用する必要があります。

ホームピーリングも医療機関で行うケミカルピーリングと同じように、ニキビやシミなどに対して行いますが、成分がそれほど強くないため、効果としては医療機関のケミカルピーリングの方が高いです。気軽にできるピーリングですが、本格的な治療を望むなら医療機関でケミカルピーリングを受ける方がいいでしょう。

© Copyright Chemical Face Peel At Home. All Rights Reserved.