ケミカルピーリングの施術方法

ケミカルピーリングの基礎知識

ケミカルピーリングは皮膚にフルーツ酸や植物の酸などを塗布して、蓄積された古い角質を取り除く施術です。ケミカルピーリングをすることで角質層が生まれ変わり、きめ細やかな肌になると考えられています。ハリのある肌になったり、肌の新陳代謝もアップすると言われているのです。

古くなった角質層をそのままにしてしまうとニキビの原因になったり、シミ、そばかすなどの肌トラブルの元になります。ニキビは古い角質が毛穴に詰まってしまい、出来物として肌の表面に現れることがほとんどです。ケミカルピーリングを受けると角質を剥がすことができ、毛穴の詰まりの原因を取り除きます。ニキビが出来にくくなったり、ニキビの予防としても効果が期待されます。シミやそばかすの原因となる紫外線を浴びた肌にケミカルピーリングをすれば、ターンオーバーを促し、角質層を薄くしてシミやそばかすを防ぐのです。

ケミカルピーリングの施術方法

クリニックなどでケミカルピーリングを受けるときには、まずクレンジングをします。メイクや皮脂汚れ、外気から受けた汚れなどを徹底的に取っておくのです。さらに肌にグリコール酸などを塗布して、そのまま数分間放置します。肌の様子を観察しながら量や放置する時間を決めて、トラブルが起きないように配慮されています。メスを使わずに角質層を除去することが出来るので、安全性が高いと評価を受けています。

数分間経過したら肌の様子を見て、塗布した薬を落として完了てす。施術後のアフターケアでは刺激を受けた肌を冷やして、沈静化させます。治療直後は直射日光に当たらないように注意して、そのまま帰宅することが可能です。稀にむくみや内出血、腫れなどの副作用が起きることもありますが、時間とともに治っていきます。

© Copyright Chemical Face Peel At Home. All Rights Reserved.